医療知識

人工骨頭置換術と全人工股関節置換術の違いを簡単に!

高齢者に多い骨折のひとつに大腿骨頸部骨折があります。

大腿骨頸部骨折には、手術療法が適用されることが多くあります。

その手術のなかには、人工骨頭置換術や全人工股関節置換術などもあります。

今回は、人工骨頭置換術と全人工股関節置換術の違いを簡単にご紹介していきたいと思います。

人工骨頭置換術(BHA)とは

人工骨頭置換術(Bipolar Hip Arthroplasty)はその略語からBHAとも呼ばれています。

人工骨頭置換術は、大腿骨の骨頭部分を金属の人工骨に置き換える手術になります。

骨頭の受け皿となる臼蓋部分はそのままで、人工骨に置き換えません。

人工骨頭置換術が対象となるのは、

  • 大腿骨頸部内側骨折
  • 大腿骨頭壊死症 など

の疾患が多く、臼蓋が健全に残っている必要があります。

人工骨頭置換術は、脱臼しにくいと言われています。

 

全人工股関節置換術(THA)とは

全人工股関節置換術(Total Hip Arthroplasty)は、その略語からTHAとも呼ばれています。

全人工股関節置換術は、大腿骨の骨頭部分と臼蓋部分を金属の人工骨に置き換える手術になります。

全人工股関節置換術が対象となるのは、

  • 関節リウマチ
  • 変形性股関節症
  • 大腿骨頭壊死症 など

の疾患が多くなります。

全人工股関節置換術は人工骨頭置換術に比べると、手術侵襲が大きくなります。

 

人工骨頭置換術(BHA)と全人工股関節置換術(THA)の違い

人工骨頭置換術と全人工股関節置換術の特徴をまとめて比較すると、違いがわかりやすいです。

・人工骨頭置換術の特徴

  • 骨頭の置換
  • 臼蓋はそのまま
  • 脱臼しにくい

 

・全人工股関節置換術の特徴

  • 骨頭と臼蓋の置換
  • 脱臼しやすい
  • 手術侵襲が大きい

人工骨頭置換術と全人工股関節置換術の違いを簡単に説明すると、臼蓋を置き換えするかしないかがひとつのポイントとなります。

また、人工関節と言えば脱臼にくれぐれも注意する必要がありますが、人工骨頭置換術は全人工股関節置換術に比べて脱臼しにくくなります。

手術侵襲については、公益財団法人日本医療機能評価機構のサイトを参考にしています。

THAのほうが手術侵襲は大きいので,対象患者の全身状態が悪い場合や,期待される余命が短い場合には,人工骨頭置換術を推奨する.

出典元:大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン (改訂第2版)|公益財団法人日本医療機能評価機構(https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0016/G0000307/0058)

ABOUT ME
たろ
たろ
【資格】理学療法士(10年)、ホームヘルパー2級、福祉住環境コーディネーター2級、認知症ライフパートナー 【職歴】大手工場、急性期・回復期病院、デイサービス、特養、老健(非常勤)、訪問リハビリ(非常勤) 【講師実績】イオンにて介護予防の相談会、介護予防対象者向け体操講義、介護福祉士向けの介護講義

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村


fc2ブログランキング