運動

エアロバイクの欠点とは!?

健康維持や筋トレのためにジムに通う人はたくさんいます。

ジムには様々なトレーニング器具があり、そのなかの一つにエアロバイクという器具があります。フィットネスバイクとも呼ばれている器具です。

エアロバイクは自転車型のトレーニング器具で、ジムだけでなく病院のリハビリ室などでもよく見かけることがあります。なかには、エアロバイクを購入して自宅で使用している人もいます。

エアロバイクを使用している人は多いですが、このエアロバイクにはいくつかの欠点があります。

そこで今回は、エアロバイクの欠点についてご紹介していきます。

エアロバイクとは

エアロバイクは自転車型のトレーニング器具で、本物の自転車のようにハンドル・サドル・ペダルなどがあり、ペダルをこいで運動をします。

フィットネスバイクはそれひとつで据え付けの器具でありペダルに任意の負荷をかけることができるようになっている点で本物の自転車を使用するローラー台(サイクルトレーナーとも)と異なる。

出典元:「フィットネスバイク」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF)。2019年11月28日23時(日本時間)現在での最新版を取得。

本物の自転車と大きく違う点は、エアロバイクにはタイヤが無く、いくらペダルをこいでも移動することが出来ません。

ペダルに負荷をかけることが出来るので、軽い運動からキツイ運動まで運動負荷を調整しやすいです。

 

エアロバイクの種類

エアロバイクにはいくつかの種類があります。ここでは代表的な4種類のエアロバイクを簡単にご紹介しておきます。

  1. アップライト
  2. スピンバイク
  3. リカンベント
  4. Xバイク

アップライトは本物の自転車に近い形状をしており、一般的に最も普及しているエアロバイクです。

スピンバイクはアップライトに似ていますが、より上級者向けのエアロバイクになります。

リカンベントは、背もたれにもたれながら寝そべったような姿勢で乗れるエアロバイクです。坐位保持が不安定な方でも使用しやすくなります。

Xバイクは、折り畳み式で簡易的なエアロバイクです。

 

エアロバイクの欠点

エアロバイクを使用するにあたってのデメリットを5つご紹介していきます。

 

景色が変わらない

エアロバイクの欠点として、あげられるのがトレーニング中に景色が変わらないことです。

エアロバイクは有酸素運動にも効果があるため、20分以上の長時間にわたってトレーニングをすることが多いです。

通常の自転車であればペダルをこいだ分、自転車が動くため当然景色が変わります。

景色が変われば気分転換にもなり、退屈しのぎにもなります。

しかし、エアロバイクだといくらペダルをこいでも景色は一緒です。そのため、退屈にも感じることがあります。

 

置く場所に困る

エアロバイクは自転車型のトレーニング器具になるのでサイズが大きく、それなりの設置場所が必要となります。

広いトレーニングルームなどがあれば、置き場所には困りませんが自宅で使用するとなると置き場所に困ります。

Xバイクのような折り畳み式のエアロバイクもあるので、片付けやすくはなっています。

 

音がうるさい

エアロバイクによっては、ペダルをこぐ音がうるさいものがあります。

ジムなどで団体で利用する分にはほとんど気にならない音ですが、購入して自宅で一人で使用してみると思っていたよりも音がうるさく感じます。

壁の薄いアパートなどでエアロバイクを使用するには、近隣との騒音トラブルにならないように使用する時間帯などにも注意が必要です。

最近では、静音に力を入れているエアロバイクもたくさん出てきています。

 

股関節や膝関節が曲がり過ぎてしまう

高齢者のなかには股関節や膝関節に人工骨頭置換術をされている方が多いですが、その場合股関節や膝関節を曲げ過ぎてしまうと良くありません。

さらに、こぐとペダルが自動で動くタイプのものは、ペダルの力も加わり股関節や膝関節が曲がり過ぎてしまうことがあります。

急激な関節の曲げ過ぎは、脱臼や痛みの誘発にも繋がりやすいので、無理の無い範囲で行いましょう。

 

重度の障害がある方には難しい

エアロバイクは据え置きのため本物の自転車に乗るよりも安定していますが、本物の自転車同様にサドルを跨いでから座って保持し、ペダルに足を乗せ動かす能力が必要となります。

そのため、ある程度の坐位保持能力や跨いで座る能力などが無いと使用するのが困難となります。

リカンベントタイプであれば椅子に移乗しやすく背もたれつきでもあるので、エアロバイクの中ではまだ安全性が高いです。

足腰が弱っている方がエアロバイクを使用する際には、必ず介助者に付き添ってもらいましょう。

 

おわりに

エアロバイクには様々な種類があり、人気が高いトレーニング器具です。

エアロバイクにはたくさんのメリットがあり使用する人は多いのですが、使用する際にはどのようなデメリットがあるのかもきちんと把握しておきたいところです。

ABOUT ME
たろ
たろ
【資格】理学療法士(10年)、ホームヘルパー2級、福祉住環境コーディネーター2級、認知症ライフパートナー 【職歴】大手工場、急性期・回復期病院、デイサービス、特養、老健(非常勤)、訪問リハビリ(非常勤) 【講師実績】イオンにて介護予防の相談会、介護予防対象者向け体操講義、介護福祉士向けの介護講義

にほんブログ村 健康ブログ セラピストへ
にほんブログ村


fc2ブログランキング